読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/4/16 秋川FC

へら釣り2回目の友人と秋川FCへ。

秋川は活性が高く釣れると思い、目標を60枚に設定。

友人の目標釣果は20枚に私が勝手に設定した。

私は浅ダナ両ダンゴでスタート。

8:00〜

 

タックル

・竿 8尺 

・道糸 フロロ0.6号

・浮き 「りきや」グリーンメタ4番 

・ハリス 上0.4号 20cm 下0.4号 27cm

・針 上下「極ヤラズ」6号 

 

 

やわらかいタッチのエサを追わせ釣りのイメージで使っていく。

打ち出して直ぐにアタリが出る。

しかし、カラツンとスレによって数が伸び悩む釣りとなった。

ここまで15枚

 

11:00〜

トロ掛けセットへ移行することに。

 

タックル

・竿 8尺 

・道糸 フロロ0.6号

・浮き 「りきや」グリーンメタ4番 

・ハリス 上下0.4号 7cm 13cm

・針 上「極ヤラズ」6号 下「喰わせヒネリ」4号

 

 

エサ打ちをするが、カラツンに苦しむ。

隣で釣っている友人もカラツンで数が伸びないようだ。

そこで、私と友人の下針を「喰わせヒネリ」5号にチェンジ。

下ハリスの張りを良くすることでカラを減らそうという考えだ。

 

これによって釣れ始める。

パタパタと釣れるが、穴が開きがち。

バラケのタッチを軟ネバのダンゴタッチにしたり、ボソっけのあるエサに変更することでパタパタ釣ることが出来たため、

合計40枚で納竿。目標は達成出来なかったが、多分竿頭かな。

友人は合計20枚で納竿。見事目標を達成していた。

〜14:15

 

 まとめ

・バラケのタッチで釣り込む。

・両ダンゴで釣るならば、PCムクのほうが良さそうだった。

・手前にも魚が居て、活性も良く、短ザオで釣れたが、型が良くなかった。

馴染みきってからのアタリのほうが型が安定していたかもしれない。